大阪の民泊申請代行は「大阪民泊物語」、行政書士法人みちてらすが運営しています。

※当事務所は民泊運営会社ではございません。

お問い合わせ
お知らせ

2021 年「小規模事業者持続化補助金」の公募申請について

皆さま、こんにちは。

2020年12月に「令和2年度第3次補正予算案額は2,300憶円」と、閣議決定がなされました。

それを受け、2021 年の公募が見込まれる「小規模事業者持続化補助金」についてご紹介します。

(弊所では申請サポートも行っていますので、ご検討の方はお気軽にお問合せください)

 

〇「小規模事業者持続化補助金」とは

小規模事業者が自らの経営を見つめ直し、事業の持続的な発展に向けて経営計画を作成して販路開拓などに取り組む際の経費の一部を補助するものです。コロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入などの取組を支援することを目的としています。

令和2年度の小規模事業者持続化補助金では、「一般型」「コロナ特別対応型」の2種類があり、「コロナ特別対応型」の申請受付は令和2年12月に終了しました。しかし、今回から新型コロナウイルスの影響が長期化する中で、新たな特別枠として特別枠を改編した「低感染リスク型ビジネス枠」が設けられることが決定しました。

(2020年12月閣議決定)特別枠の改編について

 

▼ 小規模事業者持続化補助金公式ページ

 https://jizokukahojokin.info/ 

 

=================

【「一般型」「低感染リスク型ビジネス型」の概要】

■令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金(通常枠)
・補助額:50万円
・補助率:2/3

■令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)
・補助額:100万円
・補助率:3/4

 

■「低感染リスク型ビジネス型」の補助対象経費

ポストコロナを踏まえた 新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組

 

(主な補助対象例) ※感染リスクを低減する下記のような取組が対象となります。

 ・機械装置等費

無人チェックインシステム、スマートロックシステム など

 ・広報費

ECサイト追加や予約システム追加のためのウェブサイト新規作成・更新、

チラシ・DM・カタログの外注や発送、

新たな販促用PR(販促用チラシの作成・送付、マスコミ媒体での広告、WEB広告) など

 ・外注費

店舗改装、バリアフリー化工事 など

 

■募集期間

早ければ【2021年3月頃】より公募開始

=================

 

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の社会変化に対応するために、

そして、皆さまがコロナ禍を乗り越えるための術としてお役立てください。

詳しい情報が公開されましたら、本サイトにて順次お知らせしていきます!

 

弊所では、申請のサポートを行っています。

お問合せはこちらから ↓↓

info@minpaku-terasu.com

(TEL:06-6355-4670)