大阪の民泊申請代行は「大阪民泊物語」、みちてらす法務総合事務所が運営しています。

※当事務所は民泊運営会社ではございません。

お問い合わせ
お知らせ

旅館業てそもそも何?!

旅館業の定義を確認することは大変重要なんです。

なぜなら、「旅館業」に該当すれば、

旅館業法第3条第1項により、許可を受けなければなりませんので、

許可が必要か否かを分ける概念だからです。

 

旅館業の定義については、

旅館業法第2条に下記のように規定されています。

 

「旅館業」とは、旅館・ホテル営業、簡易宿所営業及び下宿営業をいう。

「旅館・ホテル営業」とは、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、簡易宿所営業及び下宿営業以外のものをいう。

「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のものをいう。

「下宿営業」とは、施設を設け、一月以上の期間を単位とする宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業をいう。

 

法律上の定義は上記のようになっていますが、

この規定から、共通の要件を抽出し、

一般的に旅館業とは、「施設を設けて、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業」をいいます。

「宿泊」とは「寝具を使用して施設を利用すること」をいいます。

「営業」とは施設の提供が「社会性をもって継続反復されているもの」に該当するかどうかで判断します。

 

以上から旅館業に該当するかどうかは、

この定義の要素である下記4要素で判断します。

①宿泊料徴収の有無

②社会性の有無

③継続反復性の有無

④生活の本拠か否か

 

具体的な判断については、次回に記載したいと思います。

民泊に関するご相談は、みちてらす法務総合事務所まで。